口内炎の治しかた

口内炎の痛みや炎症を和らげるには、次のような戦略が有効かもしれません。

  • 熱い飲み物や食べ物だけでなく、塩分の多いもの、辛いもの、柑橘系のものを避けましょう。
  • タイレノールやイブプロフェンなどの鎮痛剤を使いましょう。
  • 冷たい水でうがいをしましょう。

 口内炎は炎症を起こして痛む口内の総称で、食事、会話、睡眠に支障をきたす可能性があります。頬、歯茎、舌、唇、口蓋の内側など、口の中のどこにでも発生する可能性があります。

 口内炎は治療をしなくても、通常2週間以上は続きません。原因を特定できれば、医師が治療できる可能性があります。原因が特定できない場合、治療の焦点は症状の緩和に移ります。

口内炎の原因

 原因不明ですが、特定の薬、口の中の外傷、栄養不良、ストレス、細菌やウイルス、睡眠不足、急激な体重減少、ジャガイモ、柑橘系の果物、コーヒー、チョコレート、チーズ、ナッツ類などの特定の食品など、多くのことが原因となって発症する可能性があります。

 また、風邪やインフルエンザによる一時的な免疫力の低下、ホルモンの変化、ビタミンB12や葉酸の摂取量の低下などが関係している場合もあります。頬の内側をかじったり、尖ったものを噛んだりしただけでも、引き金になることがあります。

口内炎が頻繁に起こる場合

口内炎が頻繁に起こる場合は、葉酸またはビタミンB12が不足している可能性があります。