第33期竜王戦7番勝負 第2局 ▲豊島将之VS△羽生善治 戦形 角換わり早繰り銀 玉を下段に落とす好手

棋譜解説 竜王戦第2局 ▲豊島vs△羽生

第1局の解説はこちら

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7六歩 △3二金 ▲7七角 △3四歩 ▲6八銀 △7七角成▲同 銀 △2二銀 ▲4八銀 △6四歩 ▲3六歩 △6二銀 ▲3七銀 △3三銀 ▲6八玉 △6三銀▲4六銀

局面図

先手の豊島は早繰り銀を採用。次に▲3五歩と仕掛けるのが狙い。

△5四銀 ▲7八玉 △4四歩 ▲5六歩

 先手は▲7八玉型に構える場合と、▲7九玉型に構える場合があります。△4四歩は銀を追い返す狙い。▲5六歩は銀を▲5七に引けるようにしています。

△5二金 ▲6八金 △4二玉 ▲3五歩 △4三銀▲3四歩 △同銀右 ▲3六歩

▲3五歩~▲3六歩までは早繰り銀の基本的な攻め筋です。▲3六歩は次に▲3五銀と進出するための手です。

△1四歩 ▲9六歩 △9四歩 ▲1六歩 △7四歩 ▲3五銀 △同 銀▲同 歩 △7三桂 ▲5五歩

現局面は互角です。▲5五歩は次に、▲5四歩△同歩▲3四歩△同銀▲7一角の攻めを狙っています。

△4三銀 ▲2六飛 △3一玉 ▲5八金右 △2二玉 ▲4一銀 △4二金左▲5二銀不成 △同 金 ▲4六歩

▲4六歩は次に▲3七桂~▲4五歩の順で攻めていく狙いです。

△6五桂 ▲4五歩 △7七桂成 ▲同 桂 △7五歩 ▲5四歩

次に△5四同歩なら、▲4四歩△同銀直▲2四歩△同歩▲7一角△7二飛▲4四角成△同銀▲2四飛の十字飛車が決まります。

△8六歩▲同 歩 △3六歩

△3六歩は先手の飛車の横利きを止めて、次に△7六歩と取り込む狙いです。▲3六同飛は△2七角で馬ができます。

▲5三歩成 △同 金 ▲3四桂 △同銀直 ▲同 歩 △7六歩 ▲3三銀 △同 桂▲同歩成 △同 玉 ▲3六飛 △3四歩 ▲7六飛 △8九銀

豊島は▲7六飛と飛車の横利きを生かしました。しかし、△8九銀が玉を下段に落とす好手で、▲同玉なら△8七銀打ちで決まります。結果的には後手優勢の局面です。将棋AIは63手目の▲5三歩成を悪手と判断していて、代えて▲3四桂を示しており、この順を後述します。

▲8八玉 △7五歩 ▲同 飛 △8六飛▲9七玉 △8五歩 ▲同 桂 △7四桂

84手目△7四桂は羽生らしい羽生マジック的な異筋の寄せ方です。この手でも後手優勢ですが、代えて△7四歩の方がシンプルです。△7四歩なら以下、▲8六玉△7五歩▲同玉△6三桂で詰みです。

▲8七歩 △7六銀 ▲5一角 △4二銀 ▲同角成 △同 玉▲8六歩 △7九角 ▲8八銀 △7八角 ▲8二飛 △5二銀 ▲投了
まで96手で後手の勝ち。

63手目の検討 ▲3四桂とした場合

▲3四桂以下、△同銀右▲同歩△同銀▲5三歩成△同金▲3三歩打△同桂▲4一金

▲4一金は▲3一角打ちを狙っています。この順のほうが優っているようです。

将棋ソフトによる評価値

将棋ソフトによる評価値

角換わり早繰り銀のおすすめの棋書

第33期竜王戦第一局 ▲羽生善治vs△豊島将之 53手の決着

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲7七銀 △7四歩 ▲2六歩 △8五歩 ▲2五歩 △7三桂

早い段階での△7四歩~△7三桂は最近指されるようになりました。次に▲2四歩なら、△同歩▲同飛△6五桂▲6六銀△5七桂不成として後手有利です。

▲7八金 △3三角 ▲5六歩 △6四歩 ▲7九角 △6五桂 ▲2四歩

普通は銀取りを受けるところですが、先手は攻め合う順を選択します。

△同 歩 ▲同 角 △7七桂成

次に▲3三角成△同桂▲9五角なら、△4二玉▲7七角△2二歩で局面が収まってしまうので▲3三角成の順はダメです。

▲同 桂 △6二金

▲7三角の筋を受けている。

▲3三角成 △同 桂 ▲5五角 △2七歩

豊島の好手。次に▲3三角成なら、△4二銀打▲同馬△同玉▲2七飛△8九角打として後手優勢。

▲同 飛 △4五桂 ▲1一角成 △8六歩▲同 歩 △8九角 ▲7九金 △6七角成 ▲6三歩 △5二金右 ▲6八香 △7六馬 ▲6九桂

▲6三歩から▲6八香~▲6九桂とした局面。羽生は単に6九桂として△5七桂成を受けるのではなく、▲6八香を入れた方が得だと判断している。▲6八香は▲6四香と走る展開にならなそうなので、打ちにくい手です。

△8六飛▲5五馬 △4四歩 ▲2三飛成

△4四歩は桂取りを受けつつ、▲2一飛成を防いでいます。本譜▲2三飛成に代えて▲5八金ならまだまだ難しい将棋だったようです。本局は羽生の作戦負けになってしまいました。

△3二銀 ▲2二龍 △5七銀 ▲6四馬 △6八銀不成 ▲同 金 △8八飛成
▲6五桂 △5七香 ▲投了
まで52手で後手の勝ち

竜王戦第2局の解説はこちらです。

口内炎の治しかた

口内炎の痛みや炎症を和らげるには、次のような戦略が有効かもしれません。

  • 熱い飲み物や食べ物だけでなく、塩分の多いもの、辛いもの、柑橘系のものを避けましょう。
  • タイレノールやイブプロフェンなどの鎮痛剤を使いましょう。
  • 冷たい水でうがいをしましょう。

 口内炎は炎症を起こして痛む口内の総称で、食事、会話、睡眠に支障をきたす可能性があります。頬、歯茎、舌、唇、口蓋の内側など、口の中のどこにでも発生する可能性があります。

 口内炎は治療をしなくても、通常2週間以上は続きません。原因を特定できれば、医師が治療できる可能性があります。原因が特定できない場合、治療の焦点は症状の緩和に移ります。

口内炎の原因

 原因不明ですが、特定の薬、口の中の外傷、栄養不良、ストレス、細菌やウイルス、睡眠不足、急激な体重減少、ジャガイモ、柑橘系の果物、コーヒー、チョコレート、チーズ、ナッツ類などの特定の食品など、多くのことが原因となって発症する可能性があります。

 また、風邪やインフルエンザによる一時的な免疫力の低下、ホルモンの変化、ビタミンB12や葉酸の摂取量の低下などが関係している場合もあります。頬の内側をかじったり、尖ったものを噛んだりしただけでも、引き金になることがあります。

口内炎が頻繁に起こる場合

口内炎が頻繁に起こる場合は、葉酸またはビタミンB12が不足している可能性があります。

リップルとは何ですか?

 リップルは、通貨のピアツーピア送金に使用されるプラットフォーム(RippleNet)と、デジタル通貨(ripple XRP)の両方を提供しています。プラットフォーム自体はオープンソースのプロトコルで、2つの当事者間で迅速かつ安価な取引を可能にするように設計されています。プラットフォーム上では、スターリングなどの不換通貨から暗号通貨、航空マイルまで、あらゆる種類の通貨を交換することができます。

 リップルのアイデアは2004年に最初に検討されましたが、それは2013年までそれがより多くの牽引力を集めていませんでした。Jed McCaleb(有名なプログラマーであり起業家であり、リップルの共同設立者の一人)は、ネットワークに投資するために投資家のグループを招待しました。

リップルは何に使うの?

 リップルは、いくつかの利点を持つ代替手段を提供しています。例えば、それは低手数料の通貨交換を提供することができます。現在、直接別の通貨に変換できない通貨が多くあるため、銀行は米ドルを仲介役として使用する必要があります。その結果、手数料が二重になってしまう。リップルも仲介通貨として利用できますが、米ドルよりもはるかに安価です。また、他の類似の代替通貨よりもはるかに迅速な国際取引を提供しています。リップルのプラットフォームでの平均取引時間は4秒で、ビットコインの場合は約10分、伝統的な銀行システムの場合は数日かかることもあるのに対し、リップルのプラットフォームでの平均取引時間は4秒です。

リップルの取引方法

 取引所でリップルを購入する場合、1つのXRPトークンの価格は、通常、米ドル(USD)に対して相場が表示されます。言い換えれば、あなたはリップルを買うために米ドルを売ることになります。もしリップルの価格が上昇すれば、あなたは利益のために売却することができます。

リップルとビットコインの違いは?

  • 技術ビットコインは、検証された取引の公開記録が記録されているブロックチェーン技術をベースにしています。一方、リップルはブロックチェーン技術を使用せず、代わりにリップルプロトコルコンセンサスアルゴリズム(RPCA)として知られている独自の技術を使用しています。
  • マイニング:マイニングは、ビットコインの取引を検証したり、ネットワークに新しいビットコインを発行したりするために使用されます。マイニングの代わりに、リップルはサーバーのネットワークを介した独自の分散型コンセンサスメカニズムを使用して取引を検証し、そのXRPトークンはすべて事前にマイニングされています。
  • 取引時間:リップルは1秒間に1,500件の取引を処理することができ、1秒間に50,000件の取引を処理することができ、例えばVisaのように拡張することができます。それに比べて、ビットコインは1秒間に3~6回の取引しかできません。
  • 供給 : ビットコインは2100万枚のコインを供給していますが、リップルには1000億枚のプレマイニング済みトークンがあります。

リップルはブロックチェーン技術を使用していますか?

 ビットコインとは異なり、リップルはブロックチェーン技術を使用していません。ビットコインの取引は採掘者によって検証され、既存のブロックチェーンに追加されます。リップルはまた、検証サーバーとコンセンサスメカニズムを使用していますが、独自の特許技術であるリップルプロトコルコンセンサスアルゴリズム(RPCA)を使用しています。名前にある「コンセンサス」という言葉は、すべてのノードが一致していれば、それが検証されることを意味しています。

リップルの価格に影響を与える要因は?

  • 規制:現在、多くの暗号通貨は政府や中央銀行によって規制されていません。今後数年でこの規制が変更されれば、リップルの価値に影響を与える可能性があります。
  • 技術:国際取引のプラットフォームとしてのリップルの基盤となる技術が、他の暗号通貨との違いを生み出しています。いくつかの大手銀行がリップルの技術のテストを発表しており、将来的に価格に影響を与える可能性があります。
  • 報道:リップルの技術に対するメディアの関心や報道は、リップルの価値に相関したプラスの影響を与える可能性があります。

イーサリアムとは何ですか?

 イーサリアム(ETH)は、ブロックチェーンテクノロジーに基づくオープンソースソフトウェアプラットフォームであり、開発者が分散型アプリケーションを構築およびリリースできるようにします。それは実際には暗号通貨以上のものであり、イーサリアムの提供のほんの一部です。

イーサリアムとビットコインの違いについて

 ビットコインは誰がビットコインを所有しているかを追跡するためにブロックチェーン技術を使用しているのに対し、Ethereumはほぼすべての分散型アプリケーションを実行するためのプラットフォームとしてブロックチェーンを使用しています。ブルームバーグはかつて、Ethereumを「誰もが使用できるが改ざんされない共有ソフトウェア」と表現していました。つまり、可能性は本当に無限大なのです。

 EthereumとBitcoinは、ブロックチェーンとして知られる分散型のパブリックネットワーク技術を使って構築されているという点で共通していますが、類似点はそこで終わっています。ビットコインは、オンラインでの支払いを可能にするピアツーピアのデジタル通貨システムという単一のアプリケーションを提供しています。ビットコインは、基本的には本質的な形の通貨です。

Ethereumは誰が発明したのか?

 Ethereumはもともと、2013年にビットコインに取り組んだことのあるクリプトカレンシー研究者でプログラマーのVitalik Buterin氏によって作られました。

Ethereumの仕組みとは?

 Ethereumブロックチェーンでは、ビットコインのために「採掘」するのではなく、ユーザーは「イーサ」を獲得するために働き、より広いネットワークを燃料とする暗号通貨の一種である「イーサ」を獲得します。イーサは、取引可能な暗号通貨であるだけでなく、開発者がEthereumネットワーク上のサービスに支払うためにも使用されています。

ブロックチェーン技術とは?

 ブロックチェーンとは、特定のネットワーク上で行われたすべての取引を記録する公開台帳のことです。ブロックが「完了」すると、常に拡張されます。ブロックは時系列でブロックチェーンに追加されます。特定のネットワーク(例:EthereumやBitcoin)に接続されている各コンピュータは、ブロックチェーンのコピーを受け取り、そのネットワークに参加すると自動的にダウンロードされます。

ブロックチェーンの中では、多くの人がエントリを書き込むことが可能で、情報の記録がどのように修正され、更新されるかをコントロールするユーザーのコミュニティがあります。

イーサの価格履歴

 Ethereumが2015年に登場して以来、そのクリプトカレンシーであるEtherは、最初の1年でゆっくりとした進歩を見せていました。しかし、2017年は全く違う話でした。このクリプトカレンシーは、わずか7.76ドルで1年をスタートし、年末までに9000%以上の増加のために、700ドルの上を突破していました 2017年に史上最高値を更新したビットコインとは異なり、イーサは2018年初頭に上昇の勢いを持ち越し、最終的には1月中旬に1300ドルを超えてピークを迎えました。

しかし、他の暗号通貨と同様に、2018年はイーサにとって全体的に試練の年であることが証明され、価格はその時点から徐々に下落し、年末には約130ドルに落ち着きました。

イーサの価格はなぜ急に動いたのか?

 2017年の急激な強気トレンドの原因は何だったのでしょうか?まあ、答えは単純であると同時に複雑でもあり、投資家の意識の高まりに由来しています。一般の人々がイーサやビットコインのような暗号通貨についてより多くの情報を得るようになったことで、結果としてより多くの関心が生まれました。イーサの場合はさらに興味深い。イーサは、ビットコインに似ているという理由だけで価格が大幅に上昇し、投資家は価格が中程度の低価格のときに早くから飛びつきたいと考えていました。

イーサは安全ですか?イーサの取引のリスクとは?

 イーサリアム自体はあなたが思っているよりも安全ですが、適切に精査されていない分散型アプリや取引所を使用すると、あなたとあなたのイーサリアムが危険にさらされる可能性があります。