バッチファイル(.bat)とは何ですか?

バッチファイルは、プログラムのロード、一度に複数のプロセスの実行、および一般的または反復的なタスクの実行を支援するためによく使用されます。

バッチファイルは、多くの場合、ユーザの入力や介入を必要とせずに順番に処理されたコマンドのコレクション、またはリストです。WindowsなどのMicrosoftオペレーティングシステムを実行しているコンピューターでは、バッチファイルは.batファイル拡張子のファイルとして保存されます。他のオペレーティングシステムでは、シェルスクリプトでバッチジョブを定義し、次々に実行されるコマンドのリストを含めることができます。

たとえば、バッチファイルを使用して、ファイルのバックアップ、ログファイルの処理、一連の計算や診断の実行、または複数のコマンドの実行を必要とするその他のジョブを実行できます。バッチジョブは、ユーザーの操作なしで複数のタスクを実行できるため、ユーザーは他のタスクに時間を費やすことができます。

仮想通貨とは?

 仮想通貨とは、規制されていないデジタル通貨の一種で、電子的な形でのみ利用可能な通貨です。指定されたソフトウェア、携帯電話やコンピュータのアプリケーション、または専用のデジタルウォレットを介してのみ保管・取引され、取引は安全な専用ネットワークを介してインターネット上で行われます。

 仮想通貨は、ブロックチェーンネットワーク内に存在する暗号通貨を含むデジタル通貨グループのサブセットと考えられています。

キーポイント

  • 仮想通貨とは、中央集権的な銀行の管理下にないブロックチェーンネットワーク内で保有されている通貨のことです。
  • 仮想通貨はデジタル通貨とは異なり、デジタル通貨は単に銀行がデジタル形式で発行した通貨であるため、仮想通貨はデジタル通貨とは異なります。
  • 仮想通貨は規制されていないため、取引の背後にある真の力は消費者の感情だけであるため、劇的な価格変動を経験します。

仮想通貨を理解する

 仮想通貨は、民間の発行者、開発者、または創設組織によって発行、管理、管理される可能性のある貨幣価値の電子的表現と定義することができます。このような仮想通貨はトークンで表現されることが多く、法定通貨がないと規制されないままになることがあります。

 通常の貨幣とは異なり、仮想通貨は信頼システムに依存しており、中央銀行やその他の銀行規制当局によって発行されることはありません。仮想通貨の価値は、クリプトカレンシーの場合はマイニングのような基礎となるメカニズム、または基礎となる資産による裏付けに基づいて導き出されます。クリプトカレンシーの価格を見て誰もが心理的な取引のシーソー効果が表示されます。

 仮想通貨は一般の人が使用するほか、使用方法が制限されている場合もあり、特定のオンラインコミュニティのメンバーや、専用のネットワーク上でオンライン取引を行うユーザーの仮想グループの間でのみ流通している場合もあります。仮想通貨は主にピアツーピアでの支払いに使用されており、商品やサービスの購入に使用されるケースが増えています。

デジタル通貨、仮想通貨、暗号通貨の違い

 デジタル通貨とは、仮想通貨を含む全体的なスーパーセットのことであり、その中には暗号通貨も含まれています。仮想通貨と比較して、デジタル通貨は、デジタル形式の貨幣資産を表すより大きなグループをカバーしています。

 デジタル通貨は、規制されている場合と規制されていない場合があります。前者の場合は、ソブリン通貨を対象とすることができ、国の中央銀行が不換紙幣をデジタル化して発行することができます。一方、仮想通貨は規制されていないことが多く、デジタル通貨の一種である。

 ビットコインやイーサリアムなどのクリプトカレンシーは、仮想通貨の一種であると考えられています。暗号通貨は暗号技術を使用しており、取引の安全性と信頼性を保ち、新しい通貨単位の作成を管理・制御するのに役立ちます。このような暗号通貨は存在し、一般に公開されている専用のブロックチェーンベースのネットワーク上で取引されています。誰でも参加して暗号通貨の取引を開始することができます。

あなたの思考をゆがめる認知バイアス

人間が合理的かつ論理的であると信じたいと思うかもしれません。しかし困ったことに、常に私たちは思考や信念に影響を与え、毎日の決定や判断を左右する認知バイアスの影響下にあります。

私たちの注意は限られたリソースであり、考えや意見を形成する上で考えられるすべての詳細や出来事を評価することはできないので、これらのバイアスが私たちの思考プロセスに入り、私たちの決定に影響を与える余地は十分にあります。以下は、考え方、感じ方、行動に強力な影響を与えるさまざまな認知バイアスのほんの一部です。

根本的な帰属の誤り

状況の影響を過小評価し、個人特性を過大評価して人間の行動を説明する傾向。

シャンプーとリンスを間違えた人を見たとき:「まぬけな人」だと内的な要因のせいにする。

自分がシャンプーとリンスを間違えた時:「このデザインがまぎらわしい」と外的な要因のせいにする。

確認バイアス

確認バイアスは、人々がすでに持っている信念を確認する情報をより頻繁に聞く傾向があるという発見に基づいています。この偏見を通じて、人々は以前に抱いていた信念を裏付ける情報を好む傾向があります。

このバイアスは、銃規制や地球温暖化などの問題に関しては特に顕著です。反対側の意見を聞き、論理的かつ合理的な方法ですべての事実を検討するのではなく、人々は単に自分がすでに真であると考えていることを補強するものを探す傾向があります。

後知恵バイアス

物事が起きたあとで「そうだと思った」などと、まるでそのことが予測可能だったと考える心理的傾向のことをいいます。

後知恵バイアスは、以前の予測を「覚えていない」能力、イベントを不可避と見なす傾向、特定のイベントを予見できたと信じる傾向など、さまざまな理由で発生します。

アンカーバイアス

最初に聞く情報に過度の影響を受ける傾向があります。

このトリッキーな小さな認知バイアスは、給与や価格交渉などに影響を与えるだけではありません。たとえば、医師は患者を診断するときにアンカーバイアスの影響を受けやすくなります。医師の患者の第一印象は、多くの場合、後続のすべての診断評価に誤って影響を与える可能性がある固定点を作成します。

誤報効果

自動車事故や犯罪を目撃した人は、彼らの記憶が非常にはっきりしていると信じているかもしれませんが、研究者は記憶が非常に微妙な影響さえも驚くほど受けやすいことを発見しました。

サンクコストの誤謬

サンクコストをあきらめきれずに、損な状況にずっとい続けてしまう心理的傾向

イギリス・フランス政府共同の超音速旅客機「コンコルド」の開発は、世界的に有名なサンクコストの誤謬の代表例として良く知られています。

コンコルドは、1976年から2003年まで運行していた超音速旅客機です。2時間59分でパリ・ニューヨーク間を飛行するという驚異的な速さ(通常の最速ジェット機でも5時間13分かかる)で飛行する夢の旅客機でした。

しかし、そのマッハ2.2という超音速の速度が発するソニックブームと呼ばれる大音響の騒音や、非常に燃料費がかかる上に、乗客を100名ほどしか運べないため、大変に高額な航空券代がかかることなどがあり、開発の途中で明らかに採算が見合わないということがわかってきました。250機受注で採算ベースに乗るはずが16機しか製造されなかったのです。

とはいえ、今まで投資した予算や時間、労力もさることながら、国家的プロジェクトの責任問題も絡み、プロジェクトは進行。その希少性やデザインの美しさからファンは多かったのですが、ファーストクラス料金のさらに20%増しという航空料金でも採算ベースに乗ることもないまま、最終的には数兆円もの赤字を出したということです。

正常性バイアス

自然災害や火事(山火事、放火など)、事故・事件(テロリズム等の犯罪、ほか)などといった何らかの被害が予想される状況下にあっても、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」などと過小評価したりしてしまう人の心の特性。

保守性

人間が新しい事実に直面したときに、それまで持っていた考えに固執してその考えを徐々にしか変化させられない傾向をさす。

ハロー効果

ある分野の専門家が専門外のことについても権威があると感じてしまうことや、外見のいい人が信頼できると感じてしまうことが挙げられる。ハロー効果は、良い印象から肯定的な方向にも、悪い印象から否定的な方向にも働く。

SNSで他人を攻撃する人達。

正義は我にあり、過ちを犯した相手には何をしても許される。そんな心理状態から実行に移される行動を、社会心理学の人たちは「サンクション(制裁)」と呼んでいます。

人は、本来は自分の所属している集団以外を受け入れられず、攻撃するようにできています。そのために重要な役割を果たしている神経伝達物質のひとつがドーパミンです。私たちが「正義中毒」になるとき、脳内ではドーパミンが分泌されています。ドーパミンは快楽や意欲などを司っていて、脳を興奮させます。

自分たちの集団や価値観を守るため、正義をおびやかす「悪人」を叩くという行為によって、快感が生まれるようになっているのです。

ドーパミンがもたらす中毒症状としては、アルコールやギャンブル依存症があります。「正義中毒」の認知構造は、これらの依存症とほとんど同じ。一度ハマると簡単に抜け出せなくなり、罰する対象を常に探し求めるようになってしまうのです。

「正義中毒」を増幅させたSNS

TwitterやFacebookを始めとするSNSの普及は、隠されていた「正義中毒」を見える化し、さらに増幅させた

攻撃の対象となる人は、生け贄です。その人を攻撃すると、集団の一体感が高まる。集団を守るための社会通念や、共通の認識というのも固まっていきます。

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});