竜王戦7番勝負 第3局 ▲羽生善治VS△豊島将之 172手の激戦 戦形 相掛かり

竜王戦第3局の棋譜解説です。

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲3八銀 △7二銀 ▲1六歩 △1四歩▲6八玉 △7四歩 ▲7六歩 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩▲7四飛

先手の1歩得に対して、後手は銀を先に前線に送ることができる。

△7三銀 ▲8七歩 △8二飛 ▲7五飛 △3四歩 ▲2五飛 △4四歩 ▲2四歩 △同 歩
▲同 飛 △4二銀 ▲3四飛 △4三銀 ▲2四飛 △2三歩 ▲2六飛 △5四歩 ▲5八玉 △6四銀▲6八銀 △5五歩

先手の羽生は2歩得に対して、後手の豊島は中央から圧力をかけることができます。この形での5筋は急所です。

▲9六歩 △4五歩 ▲7七桂 △9四歩 ▲9七角

▲7七桂~▲9七角は大胆な構想です。先手は歩得プラス後手の居玉をとがめようとしています。もちろん後手は△9五歩と反発します。

△9五歩 ▲同 歩 △4四角▲3六飛 △5六歩 ▲8六角 △5七歩成 ▲同 銀 △8五歩 ▲9七角 △9六歩 ▲7九角 △9五香▲9八歩 △3三桂 ▲4八玉 △2四歩 ▲6六銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛▲3九玉 △5二飛

現局面は互角。後手からは△3五歩があります。▲同角は△同角▲同飛に△9七歩成▲同歩△9八歩▲同香△8九角の筋です。

▲5三歩 △同 飛 ▲6五桂 △5二飛 ▲6八角 △9二飛 ▲5四歩 △5二歩

後手は中央から圧力をかけていく構想でしたが、逆に先手が中央へ駒を伸ばしています。形勢は互角ですが、後手としては面白くない展開と言えます。

▲2八玉 △9七歩成 ▲同 歩 △同香不成 ▲9三歩 △同 飛 ▲9四歩 △同 飛 ▲9五歩 △7四飛▲9七香 △9六歩 ▲3五角

次に△同角▲同飛成△7六飛なら、▲7七香として飛車を捕獲できます。

△同 角 ▲同 飛 △9七歩成 ▲8五角 △2六香 ▲2七香 △8四飛
▲6三角成 △4四角 ▲3六飛 △2五歩

現局面はやや後手有利に傾いています。△2五歩として、豊島は64手目に突いた△2四歩を生かすことに成功しました。

▲2六香 △同 歩 ▲8六香 △6二歩 ▲8一馬 △8五歩▲9一馬 △2一香 ▲8五香 △7四飛

ここで豊島にミスがでます。△8五同飛とすべきでした。△2一香打も疑問手で、先手は▲2四歩として中合いすることができます。

▲2四歩 △同 香 ▲7五歩 △2七歩成 ▲同 銀 △同香成▲同 玉 △6五銀 ▲7四歩 △3五桂 ▲3八玉 △6六銀 ▲2一飛

▲2一飛が攻防手になり、現局面は先手優勢です。ここから豊島がラッシュを仕掛けます。

△3一歩 ▲6六歩 △2七銀▲4八玉 △3六銀 ▲同 歩 △6六角 ▲5七銀 △6九飛 ▲6六銀 △4七桂成 ▲同 玉 △4九飛成▲5七玉 △4六歩 ▲6七玉 △7五歩 ▲6八桂 △4七龍 ▲5七銀 △5六銀 ▲同 桂 △7六金▲6八玉 △6六金 ▲同 銀 △8七と ▲5七金

ここで羽生は受け間違えてしまいました。代えて▲8七金なら先手優勢を維持。

羽生はこの手を指すときに駒をグリグリと押し付けるように指しました。通称、「羽生のグリグリ」と呼ばれています。

以下、筋に入って後手の勝ちです。

△4八龍 ▲5八香 △7八と ▲同 玉 △4七歩成▲6四馬 △4二歩 ▲5三銀 △同 歩 ▲同歩成 △8七銀 ▲同 玉 △5七龍 ▲同 香 △7六金▲7八玉 △6七銀 ▲投了


まで172手で後手の勝ち

竜王戦第1局の解説はこちら。

竜王戦第2局の解説はこちら。

こちらは相掛かりのおススメの棋書です。

竜王戦7番勝負 第3局 ▲羽生善治VS△豊島将之 172手の激戦 戦形 相掛かり」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第33期竜王戦 第4局 ▲豊島将之VS△羽生善治 横歩取り  | ITと将棋のブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中