第33期竜王戦7番勝負 第2局 ▲豊島将之VS△羽生善治 戦形 角換わり早繰り銀 玉を下段に落とす好手

棋譜解説 竜王戦第2局 ▲豊島vs△羽生

第1局の解説はこちら

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7六歩 △3二金 ▲7七角 △3四歩 ▲6八銀 △7七角成▲同 銀 △2二銀 ▲4八銀 △6四歩 ▲3六歩 △6二銀 ▲3七銀 △3三銀 ▲6八玉 △6三銀▲4六銀

局面図

先手の豊島は早繰り銀を採用。次に▲3五歩と仕掛けるのが狙い。

△5四銀 ▲7八玉 △4四歩 ▲5六歩

 先手は▲7八玉型に構える場合と、▲7九玉型に構える場合があります。△4四歩は銀を追い返す狙い。▲5六歩は銀を▲5七に引けるようにしています。

△5二金 ▲6八金 △4二玉 ▲3五歩 △4三銀▲3四歩 △同銀右 ▲3六歩

▲3五歩~▲3六歩までは早繰り銀の基本的な攻め筋です。▲3六歩は次に▲3五銀と進出するための手です。

△1四歩 ▲9六歩 △9四歩 ▲1六歩 △7四歩 ▲3五銀 △同 銀▲同 歩 △7三桂 ▲5五歩

現局面は互角です。▲5五歩は次に、▲5四歩△同歩▲3四歩△同銀▲7一角の攻めを狙っています。

△4三銀 ▲2六飛 △3一玉 ▲5八金右 △2二玉 ▲4一銀 △4二金左▲5二銀不成 △同 金 ▲4六歩

▲4六歩は次に▲3七桂~▲4五歩の順で攻めていく狙いです。

△6五桂 ▲4五歩 △7七桂成 ▲同 桂 △7五歩 ▲5四歩

次に△5四同歩なら、▲4四歩△同銀直▲2四歩△同歩▲7一角△7二飛▲4四角成△同銀▲2四飛の十字飛車が決まります。

△8六歩▲同 歩 △3六歩

△3六歩は先手の飛車の横利きを止めて、次に△7六歩と取り込む狙いです。▲3六同飛は△2七角で馬ができます。

▲5三歩成 △同 金 ▲3四桂 △同銀直 ▲同 歩 △7六歩 ▲3三銀 △同 桂▲同歩成 △同 玉 ▲3六飛 △3四歩 ▲7六飛 △8九銀

豊島は▲7六飛と飛車の横利きを生かしました。しかし、△8九銀が玉を下段に落とす好手で、▲同玉なら△8七銀打ちで決まります。結果的には後手優勢の局面です。将棋AIは63手目の▲5三歩成を悪手と判断していて、代えて▲3四桂を示しており、この順を後述します。

▲8八玉 △7五歩 ▲同 飛 △8六飛▲9七玉 △8五歩 ▲同 桂 △7四桂

84手目△7四桂は羽生らしい羽生マジック的な異筋の寄せ方です。この手でも後手優勢ですが、代えて△7四歩の方がシンプルです。△7四歩なら以下、▲8六玉△7五歩▲同玉△6三桂で詰みです。

▲8七歩 △7六銀 ▲5一角 △4二銀 ▲同角成 △同 玉▲8六歩 △7九角 ▲8八銀 △7八角 ▲8二飛 △5二銀 ▲投了
まで96手で後手の勝ち。

63手目の検討 ▲3四桂とした場合

▲3四桂以下、△同銀右▲同歩△同銀▲5三歩成△同金▲3三歩打△同桂▲4一金

▲4一金は▲3一角打ちを狙っています。この順のほうが優っているようです。

将棋ソフトによる評価値

将棋ソフトによる評価値

角換わり早繰り銀のおすすめの棋書

第33期竜王戦7番勝負 第2局 ▲豊島将之VS△羽生善治 戦形 角換わり早繰り銀 玉を下段に落とす好手」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第33期竜王戦 第4局 ▲豊島将之VS△羽生善治 横歩取り  | ITと将棋のブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中