ビットコインとは何ですか?

 ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトという名の無名の人物によって作られた新しい通貨です。取引は中間業者を介さずに行われており、銀行は存在しません。ビットコインはエクスペディアでホテルを予約したり、オーバーストックで家具を購入したり、Xboxのゲームを購入したりするのに使うことができます。しかし、誇大広告の多くは、ビットコインを取引して一攫千金を狙うものです。ビットコインの価格は2017年に数千ドルにまで急騰しました。

なぜビットコインなのか?

 ビットコインは匿名で商品を購入することができます。また、ビットコインはどの国にも縛られず、規制の対象にもならないため、国際的な支払いも簡単で安価です。クレジットカードの手数料がかからないので、中小企業には好まれるかもしれません。投資としてビットコインを購入する人もいます。

ビットコインの購入

「ビットコイン取引所」と呼ばれる多くのマーケットプレイスでは、さまざまな通貨を使ってビットコインを売買することができます。Coinbaseは、BitstampやBitfinexと並ぶ代表的な取引所です。しかし、セキュリティが懸念されることもあります。2016年にBitfinexがハッキングされた際には、数千万ドル相当のビットコインが盗まれました。

 人々はモバイルアプリやパソコンを使ってお互いにビットコインを送ることができます。現金をデジタルで送るのと似ています。

マイニング

 人々は複雑な数学のパズルを解くためにコンピュータを使ってビットコインを「採掘」することを競います。これがビットコインの誕生です。現在、勝者には大体10分ごとに12.5枚のビットコインが与えられています。

ビットコインウォレット

 ビットコインは「デジタルウォレット」に保存されており、クラウド上またはユーザーのコンピュータ上に存在します。ウォレットは仮想銀行口座の一種で、ユーザーがビットコインを送受信したり、商品の代金を支払ったり、お金を貯めたりすることができます。銀行口座とは異なり、ビットコインのウォレットはFDICによって保証されていません。

ビットコインの匿名性

 各ビットコインの取引は公開されたログに記録されますが、買い手と売り手の名前は決して明かされません。これにより、ビットコインユーザーの取引は非公開になっていますが、ビットコインユーザーは簡単に追跡することなく何でも売買できるようになっています。これが、オンラインで麻薬やその他の違法行為を購入する人々にとって、ビットコインが選ばれる通貨となった理由です。

問われるビットコインの未来

 ビットコインがどうなるかは誰にもわかりません。ほとんどが規制されていませんが、日本、中国、オーストラリアのような国が規制を検討し始めています。各国政府は、課税や通貨に対するコントロールの欠如を懸念しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中