労働力不足が深刻な産業トップ10

日本の労働力は切実に成長を必要としている。日本政府は、今後5年間で30万人以上の外国人労働者を新しいタイプのビザで取得することを試みて、この問題を解決しようしている。

しかしながら、人口の高齢化が続いているため、労働力不足を解消することはほぼ不可能な段階にきています。

10.自動車産業

自動車産業で利用できる労働者の数はごくわずかです。世界最大の自動車メーカーの1つであるトヨタでさえ、労働者を見つけるのに苦労しています。

9.小売

小売業界で働く人々は、長時間労働、低給与、休日がほとんどないこと、そして臨時労働者が多すぎることに悩まされています。労働者の需要が非常に高いため、若者は過労や低賃金になる可能性のある仕事にノーと言うことができます。その結果、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、電気店などでアルバイトを選ぶ若者は少なくなっています。

8.放送

2017年の放送会社の約80%は労働者が不足していました。長時間労働が当たり前であり、給与が人々の期待に応えることはめったにありません。別の理由としては、YouTubeやNetflixなどのウェブサイトが発達している時代に、「テレビ」がメディアに興味を持ちたいという人の頭の中で最初に考えられていないでしょう。

7.レストラン業界

「経験は必要ありません」と宣伝するため、ここの仕事は最初は魅力的に見えるかもしれません。ただし、学習曲線は非常に大きくなります。

6.レンタルとリース

物件管理者に応募する人が不足しています。2016年には、60%以上が60歳以上で、その数は増え続けています。 日本の多くの人にとって、クリーニングと全体的な修理を行うことは魅力的な立場ではありません。

5.建設

1988年のピーク時には、4,550,000人の建設作業員がいました。2011年までにその数は3,310,000人に減少し、その数は減少し続けています。

4.セキュリティ

日本の民間警備会社の90%以上が不足しています。彼らの80%近くがこれは低賃金に起因すると述べた。このリストの他の多くのジョブと同様に、労働時間も問題です。

3.ドライバー

オンラインサービスがすべての主要都市に根付いているため、トラックドライバーの需要の増加は容易に想像できます。適切なライセンスを取得することの難しさも、着実な減少を説明することができます。 タクシー運転手もまた、日本への観光客のために高い需要があります。

2.農業

現在日本では、農家の70%が65歳以上です。アナリストは、この業界を始めるのが難しいことが、若者が参入しない理由の1つであると考えています。

1.IT技術

IT業界がテクノロジーを重視する世界で開花し続けるにつれて、利用可能な労働者の井戸は枯渇し続けています。統計によると、2030年までに、日本はこの産業で79万人もの人々が不足する可能性があります。需要はますます高まり、テクノロジーは常に変化しており、より多くのトレーニングが必要です。 

クラウドベースのサービスに大きく傾いているため、仕事の不足は需要の増加に起因する可能性があります。しかし、日本には新たな労働者の不足を引き起こすいくつかの問題があります。日本にはITの世界で独立した請負業者は多くありません。現在のビジネスモデルでは、ミドルレベルのポジションが増えるにつれて、エントリレベルのエンジニアの給与が減っています。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 登出 /  更改 )

Google photo

您正在使用您的 Google 账号评论。 登出 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 登出 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 登出 /  更改 )

Connecting to %s