日本は「過労死」の問題に直面しています

  • 日本の労働文化は非常に厳しく、1970年代に人々は「過労死」を意味する言葉を発明しました。
  • 「過労死」は、よく知られているように、労働時間が長いために自殺したり、心不全や脳卒中を患ったりしている従業員を含みます。
  • 日本政府は過労死事件を減らすための措置を講じたが、専門家はその措置が十分に進んでいないと懸念している。

1970年代後半以来、日本では、オフィスで過ごす時間が長すぎて亡くなっている人々に言及する言葉があります「過労死」です。

過労死と判断された従業員の死亡例の1つは、31歳のジャーナリスト佐渡美和でした。2013年7月に心不全で亡くなる前に、彼女はニュースNHKで1か月で159時間の時間外勤務を記録したと伝えられています。

彼女の死は、2017年10月初旬に過労死として最近発表されました。

それ以前は、24歳の高橋まつりが日本の広告代理店電通で1か月に105時間の残業をしていました。2015年のクリスマスの日に、高橋は雇い主の屋上から飛び降りました。電通の代表取締役社長である石井正は、1か月後に辞任しました。

死ぬまで努力する

日本の過労死の概念は、第二次世界大戦の余波に遡ることができます。

1950年代初頭、吉田茂首相は日本経済の再建を最優先課題とした。彼は主要企業に彼らの従業員に終生の雇用保障を提供するように求め、労働者に忠誠をもって彼らに返済することだけを求めました。協定は機能しました。現在、日本経済は世界第3位の経済規模を誇っており、その主な要因は65年前の吉田氏の努力によるものです。

しかし、10年以内に、日本人労働者は自殺を始め、脳卒中や心不全を引き起こし、ストレスと睡眠不足という莫大な負担がかかりました。

過労死の歴史を研究している研究者たちによると、この病気は当初、主に仕事に関係していたため、「職業性突然死」として知られていました。上司に良い印象を与えることを目指して、労働者は不朽の忠誠心を究極の試練にかけ始めました。

今日に早送りすると、日本のワークライフバランスの状況は、これほど良くはありません。

過労死のケースとその死因を調べた2016年のレポートによると、日本人労働者10,000人を対象とした調査では、20%以上の人が1か月に少なくとも80時間の残業をしていると答えています。

全回答者の半数は、有給休暇を取らないと回答しています。

かつてのように過半数の男性の労働力に影響を与える過労死事件の代わりに、今では高橋や佐渡のような女性も仕事に専念し続けることの結果に苦しんでいます。高橋氏はツイッターの投稿で伝えた。「私は死ぬつもりです。私はとても疲れています。」

日本の若い従業員が長時間働くことは珍しくありません。上司は、会社のはしごを上っている若い従業員が早く到着し、遅くまで仕事をすることを期待しています。31歳のセールスマンである大貫武弘は、午前8時に出勤し、真夜中に退社することがよくあります。彼は週末だけ妻に会います。

他の無数の日本人従業員にも当てはまります。その多くは、厳格な階層を伴うホワイトカラーの仕事に従事しています。進歩は、画期的な努力によって獲得されます。そして、新しい仕事を見つけることはゼロから始めることを意味するので、人々はめったに仕事を辞めません。

その結果、必死の労働者の世代全体がいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中