アジャイルを使用してビジネスを変革する方法

最近プロジェクト管理に従っている場合は、アジャイルプロジェクト管理方法論に出くわした可能性があります。Pulse of Professionのレポートによると、アジャイル組織の75%がビジネス目標を達成しています。さらに、65%のプロジェクトが期限前に完了し、67%が予算内で完了しています。

一方、アジャイル手法を使用しなかった企業は56%の目標達成率を管理し、40%は予定どおりに完了し、45%は予算内で完了しました。この統計は、アジャイルプロジェクト管理方法がプロジェクトの成功率に与える影響を明確に反映しています。この記事では、アジャイルプロジェクト管理方法論を使用する理由のいくつかを取り上げます。

アジャイルプロジェクト管理方法論とは何ですか?
アジャイルプロジェクト管理は反復的な方法論であり、動的な作業環境に理想的であり、製品の迅速な提供を可能にします。アジャイルプロジェクト管理方法論は、継続的な改善をもたらすことに焦点を当て、柔軟性を提供し、締め切り前に高品質の結果を確実に提供します。

アジャイルの12の原則は次のとおりです。

  1. 早期かつ継続的なソフトウェア配信による顧客満足度 –顧客は、リリース間で長時間待つのではなく、定期的に有効なソフトウェアを受け取った方が幸せです。
  2. 開発プロセス全体を通じて変化する要件に対応する –要件または機能の要求が変更された場合の遅延を回避する機能。
  3. 正常に機能するソフトウェアの頻繁な配布 –チームはソフトウェアのスプリントまたは反復作業を行い、正常に機能するソフトウェアを定期的に提供するため、スクラムはこの原則に対応しています。
  4. プロジェクト全体でのビジネスの利害関係者と開発者間のコラボレーション –ビジネスと技術のチームが連携すると、より良い決定が下されます。
  5. 関係する人々をサポートし、信頼し、意欲を高める–意欲的なチームは不幸なチームよりも最高の仕事を提供する可能性が高くなります。
  6. 対面でのやり取りを可能にする –開発チームが同じ場所にいる場合、コミュニケーションはより成功します。
  7. 稼働中のソフトウェアは進捗状況の主要な尺度です –機能的なソフトウェアを顧客に提供することが進捗状況を測定する最終的な要素です。
  8. 一貫した開発ペースをサポートするためのアジャイルプロセス – チームは、動作可能なソフトウェアを提供できる再現可能で保守可能な速度を確立し、リリースごとにそれを繰り返します。
  9. 技術的な詳細と設計への注意が俊敏性を高めます –適切なスキルと優れた設計により、チームはペースを維持し、製品を常に改善し、変化を維持することができます。
  10. シンプルさ –今のところ仕事をこなすのに十分なだけ開発してください。
  11. 自己組織化チームは優れたアーキテクチャ、要件、設計を奨励します –意思決定力を持ち、オーナーシップを持ち、他のチームメンバーと定期的にコミュニケーションをとり、高品質の製品を提供するアイデアを共有するスキルと意欲のあるチームメンバー。
  12. より効果的になるための定期的な反省 –自己改善、プロセス改善、進歩するスキル、およびテクニックは、チームメンバーがより効率的に作業するのに役立ちます。



アジャイルプロジェクト管理方法論が機能する10の理由
1.スピードと敏捷性
2.高品質の最終製品
3.変化への柔軟性
4.透明性と可視性
5.コスト管理が容易
6.より良いクライアントの関与と満足
7.すべての反復に関するフィードバック
8.適切なリスク管理
9.生産性を向上
10.継続的な収益創出

1.スピードと敏捷性

Access Groupの調査によると、62%のプロジェクトマネージャーがプロジェクト管理における最大の課題として時間管理を挙げています。今日の動的なプロジェクト管理環境では、常にスピードが求められています。これが、アジャイルプロジェクト管理方法論の得意分野です。アジャイルは先駆者に利点をもたらすだけでなく、方法論の反復的な性質のおかげで、定期的なリリースで利点を維持するのにも役立ちます。プロトタイプを提供し、それを改善することができます。

2.高品質の最終製品


アジャイル手法に緊密に統合されたテストにより、提供する最終製品が品質基準を満たしていることを安心できます。さらに重要なのは、定期的な検査を実施できることです。これにより、チームメンバーは抜け穴を垣間見ることができるため、配達前にそれらを修正するのが簡単になります。プロジェクトの品質に悪影響を及ぼす可能性のあるすべての問題を簡単に回避できます。

3.変化への柔軟性

プロジェクトの要件を絶えず変更することほど、チームメンバーにとってイライラすることはありません。この問題は、アジャイルプロジェクト管理方法論を使用して簡単に解決できます。それはあなたにその場でプロジェクトに変更を加える自由を与えます。他のプロジェクト管理手法とは異なり、変化する要件に応じて適応できます。

4.透明性と可視性

アジャイルプロジェクト管理方法論を使用するもう1つの利点は、すべての関係者がプロジェクトの進捗状況を完全に認識していることです。明確な可視性により、どの利害関係者も暗闇の中に置かれていません。その結果、クライアントやその他の利害関係者は、プロジェクトから何を期待できるかを知っています。これにより、多くのプロジェクトマネージャーが対処しなければならない非現実的な期待の問題が回避されます。また、やり直しや頻繁な変更を省くことができます。

5.コスト管理が簡単

Standish Group は、32%のプロジェクトが予算と時間内に完了したことを示しています。優先プロジェクト管理方法としてアジャイル手法を使用すると、コストを簡単に管理できます。アジャイル手法により、最小限のコストで新しい変更を実装できます。 プロジェクトの範囲が比例して大きくなっても、コストは固定されたままであり、これはアジャイルプロジェクト管理方法論のハイライトの1つです。

6.より良いクライアントの関与と満足

アジャイルプロジェクト管理方法論を実際に他のプロジェクト管理アプローチから際立たせたのは、クライアントの関与です。このプロセスでは、プロジェクト全体でクライアントが積極的に参加する必要があります。このプロジェクト管理方法論のおかげで、すべての利害関係者間のコラボレーションと協力が効果的なプロジェクト管理につながります。顧客が望む製品を手に入れると、顧客満足度は自動的に上がります。

7.すべての反復に関するフィードバック

他のプロジェクト管理アプローチに従うプロジェクトマネージャーは、フィードバックに関して苦労します。これは、アジャイルを使用するプロジェクトマネージャーには当てはまりません。すべての反復に関する迅速なフィードバックは、アジャイルプロジェクト管理方法論の特徴です。これは、チームがプロジェクトのすべてのフェーズで絶え間ない改善をもたらし、洗練された最終製品をもたらすのに役立ちます。洗練された最終製品をクライアントに提供すると、顧客の満足度が多様化します。

8.適切なリスク管理

アジャイルプロジェクト管理方法に従うことにより、プロジェクト全体の失敗のリスクを簡単に最小限に抑えることができます。その理由は、アジャイルの初期段階からプロトタイプが機能している必要があるためです。リスクを予測し、プロジェクトを損傷から保護するための予防策を講じることができます。アジャイル手法は、クライアントの要件に応じて調整する場合に最適です。したがって、アジャイルパスに従うプロジェクトは通常、顧客のニーズを満たします。

9.生産性を向上させます

コラボレーションが改善され、スケジュールをたどりやすくなり、統合が改善されたため、指定された期限までにジョブを簡単に完了できます。アジャイル手法は、タスクの効率的な優先順位付けに役立ちます。いくつかの変更を行う必要がある場合は、柔軟なアジャイルプロセスにより、時間を無駄にすることなく簡単に行うことができます。これはすべて、より高いレベルの生産性につながり、プロジェクトと会社にのみ利益をもたらします。

10.継続的な収益創出

アジャイルモデルのインクリメンタルな性質により、各反復の完了後に機能が提供されます。これにより、会社に新しい収益源が生まれます。最初の段階は収益の大きな割合を占めますが、この反復ベースのモデルは継続的なキャッシュフローを保証します。これは、他のプロジェクト管理方法では不可能です。結局のところ、それがあなたの会社が本当に望んでいることです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中