大恐慌と今日の大きな違い

トランプ大統領の経済顧問であるケビン・ハセットは日曜日、米国経済におけるコロナウイルスの崩壊を大恐慌と比較した。「これは私たちの経済がこれまでに見た中で最大のマイナスのショックです。私たちは、大恐慌近い失業率に注目するつもりです」と彼は言った。

「大不況の間、全体で870万人の雇用を失った。現在、約10日ごとにその多くの仕事を失っている」とハセット氏は語った。

過去6週間に私たちが目にしたことは、失業率が10%に達したとき、すでに大不況の最悪を上回っています。それはまた、失業率が10.8%でピークに達した1982年の痛みを伴う不況を下回っています。ハセット氏は、4月の失業率が16%かそれ以上であることを推測した。

歴史:大恐慌は実際には2つの不況でした。国立経済研究局は、経済におけるブームとバストの公式簿記係です。1929年から1933年にかけてGDPが27%減少し、1937年から1938年にかけて再び急激な落ち込みが見られました。ほとんどの経済学者は、1940年または1941年まで経済が「正常」と見なされるものに戻ったとは考えていません。

今日は重要な違いがあります。今回はアメリカにセーフティネットがあります。

「不況は起こりそうにありません。第2四半期はひどいもので、その後は不安定な回復が続きます。」

議会は現在、数兆ドルを救助および救済基金に費やしています。

「私たちは経済にかつてないほどの財政的救済を投入しています。経済にその兆しを見せ始めており、それが大きな影響を与えると私は考えています。」



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中